THD+N 25%

ギターやエフェクター等、音楽機材のレビューや調整や改造(Mod)や自作について。

--.--.-- -- スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

2010.08.25 Wed BOSS DS-1 Distortion 改造③

 
BOSS DS-1なんですが、あれから少し変えまして

R9 22Ω→220Ω
C3 0.047μF→0.033μF
C5 0.068μF→1μF
C11 0.022μF→0.047μF
C12 0.1μF→0.047μF
で多分決定です。

前回は興奮のあまりグダグダと書いてしまったので、手を入れた所の解説っぽいのは手短に。
modって結局全体でどうまとめるか、ということだと自分は思うんです。
で、1ヶ所の変更だけだといい結果にならない場合もあるし、他の場所の変更によっては逆に改悪だったりする場合もあると思うんでまぁ参考程度にして下さい。

C3…下げると音に締まりが出ます。ごまかしが効きづらくなるとも。

R9…上げるとトランジスタ増幅段のゲインが減り、この段での歪みが減ります。
ここの段で発生した歪みはDistの位置に関わらず残るし、後段での歪みにも影響を与えるので割と重要な所かと。
デフォルトの定数が小さいのが、出音がペラペラ気味な原因でもあると思います。

C5…日本製の0.47μFに比べ、台湾製は0.068μFとかなり小さい値に変更されています。

C11,C12,R16,R17…トーン回路の効き方調整。
前回の定数だとちょっと中域が過大に感じたので、そこを少し抑える形に変更しました。R16とR17は弄ってません。

D4,D5…最後に非対称にしてみたら倍音が強調されすぎバランスが崩れたので、まとまりのあるデフォルトの対称のままにしておきました。

C10…上げると高域をカット。
非対称クリッピングなら上げた方がいいかも。
  にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。