THD+N 25%

ギターやエフェクター等、音楽機材のレビューや調整や改造(Mod)や自作について。

--.--.-- -- スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

2013.03.01 Fri Maxon PDM1 MODULATION DELAY

 

ここでは初のプレミア物ですかね。
SUGIZOがLUNA SEA時代から現在にかけて、ずっと愛用している事で"一部に"有名なディレイエフェクターです。
割と似たような物にIbanez DML/DML10/DML20 MODULATION DELAY、Maxon DM-01 MULTIMODE DELAYなんかがあるので、PDM1が見つからなければこっちを探してみるのも良いかも。
ただ、音質はPDM1が一番(当時の基準で)Hi-Fiじゃないかと思います。

モジュレーションディレイの名の通り、ディレイタイムを周期的に変化させ、ディレイ効果とコーラス効果を同時に得ることが出来ます。
ここまでだったら80年代当時ならまだしも、現代ならよくある機能なので、わざわざこれを好んで使う必要なんて無いと思うかもしれません。

が…そのモジュレーションの可変域が無闇に広く設定されているため、まともなモジュレーションディレイには不可能なエグい音が出せます。
そんな設定を19個も本体にメモリできるので、飛び道具には最適ですね。
ただ、それを曲中でタイミング良く呼び出すには、古い機種故少し頭を使う必要がありますが。

またパラメータがデジタルで不連続なため微妙な設定がし辛いので、むしろ普通にコーラス+ディレイの一般的なモジュレーションディレイとして使う方が手間です。
そんな使い方をしたい場合は、SPEEDを1ずつ変えながら聴いてみて下さい。
D-TIMEに応じた、うまいことディレイの周期とシンクロしてコーラスが掛かる、SPEEDの値が見つかると思います。

そういった事も含めてちょっと音を録ってみたので、追記にて。

一般的なモジュレーションディレイ、ロータリースピーカー風サウンド、渦巻くモジュレーションディレイ、シタール風サウンド、LUNA SEA SLAVE風フランジャー、それとグネグネした何か、計6つ収録してみました。
今回はセッティングのパラメータも動画中に載せてみましたけど、どうでしょうか?かなり極端なセッティングになってますね。



こういう特殊なエフェクターって個人的には大好きです。
けれど、自分で所持していてもなかなか使う機会には恵まれない(笑)ので、その可能性の一端でもこうやって示す事で、これに触発された世の中の誰かが、代わりに上手い事活用してくれないかなーなんて思っている訳です。
…て事で、今後も色々宅録した物を上げていきます。
Ibanez PM7、BOSS PS-3、Line6 Liqua-Flangeなど次の手は色々考えてますよー
  にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。