THD+N 25%

ギターやエフェクター等、音楽機材のレビューや調整や改造(Mod)や自作について。

--.--.-- -- スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

2012.01.28 Sat 自作 Mid-Fi Electronics Peace Gun

 
moblog_830f11e3.jpg
何やらシンセサイザーのような雰囲気のあるファズです。
レゾナントフィルター?オクターブ?ファズとでも呼べばいいんでしょうか?


回路図(Schematic)
peace gun
Doug Deeper氏本人によって描かれた回路図です。
同変態系の4msもそうでしたが、氏も自身の回路図の公開には好意的なようです。
敬意を払いつつ利用させて頂きましょう。

一聴すると結構歪んでいるように聴こえますが、これは相互変調がキツい為なので、ゲイン自体はそう高くはないです。なので、聞こえの割にはピッキングに対するレスポンスは良いです。
更に、ほのかにアッパーオクターブファズの香りがするような気がします。
この独特な歪み方に加えて、半止めワウのようなレゾナンスフィルターを併用することで、シンセのような音になっているみたいです。

製作の際、トランジスタは2N3904を使用。
オリジナルの1段目のMPSA13はダーリントントランジスタなのですが、これも2N3904を2個ダーリントン接続させて代用しました。
コントロールは、5kΩの2連ポットがフィルターの周波数調整、左の10kΩはフィルターのレゾナンス調整、右端の10kΩはハイカットトーン、100kΩがボリュームです。
自分はトーンはカットしちゃいましたが、付けておいたほうが実戦では使い易いかもしれません。もしくは0.01μF辺りのコンデンサで置換する等。試していないのでわかりませんけど。
  にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。