THD+N 25%

ギターやエフェクター等、音楽機材のレビューや調整や改造(Mod)や自作について。

--.--.-- -- スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

2010.04.19 Mon レスポール用配線集

 
レスポールの改造回路図集です。
4芯でないハムバッカーのタップの取り方はこのあたりを参照してください。

<2010/04/19 追加>ノーマル配線
Stock Les Paul
レスポール配線の一例です。
可変抵抗は500kΩのものが一般的です。
ちなみにこれらの回路図はBSch3Vというソフトで描いているんですが、トグルスイッチは意味が近めの絵で代用して表示してます。

<2010/04/19 追加>ハイカット&ローカット
Les Paul Special mod
今現在、自分のレスポールスペシャルもどきに施している配線改造まんまです。
2ボリューム1ハイカットトーン1ローカットトーンになってます。
P-90タイプのPUは(レスポールSPのマホガニーボディのせいもありますが)普通のシングルよりは中低域が充実しているのですが、時にはそれが邪魔になることもあります。
そんなときにローカットを利用して、軽めの音を作ることも出来ます。
コンデンサの値はハイカットに0.047μF、ローカットに0.001μF(1000pF)を使用しています。

<2010/04/19 追加>ポットでコイルタップ
Tap with Pot
DGB Studioさんの2H112みたいな配線です。
ポットをしぼっていくと、ハムバッカーからシングルコイルへシームレスに移行していきます。
ショートによりコイルをタップさせています。
タップさせるときはフロントは上側のコイル、リアは下側というように互い違いにするとセンター時にハムキャンセル効果が出るはずです。

<2010/08/06 追加>特殊トーン
Tone and Tap
DGBさんの1H02の応用で、トーンコントロールをコイルタップの制御と兼用した感じです。
トーンはフルでコイルタップ状態、ゼロでハムにトーンが効き切った状態、その中間が通常のハムバッカーの状態です。

<2010/08/28 追加>マスターVOL&TONE、コイルタップ
Master Volume and Master Tone
割と実戦向き?なマスターボリューム、マスタートーン仕様の配線です。
トーンはフルアップ時にコンデンサをショートさせて高域を稼いでいます。
1VOL1TONEで余ったポットを利用して、各PUを徐々にシングルコイルへとタップ出来るようにしました。

ALLPARTS JAPAN ( オールパーツジャパン ) / Switchcraft Toggle Switch Short
  にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。