THD+N 25%

ギターやエフェクター等、音楽機材のレビューや調整や改造(Mod)や自作について。

--.--.-- -- スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

2011.08.24 Wed ちょっと特殊なボリューム&トーン回路

 
あまり一般的でないギター用ボリューム&トーン回路について。
改造の参考にして下さい。

疑似フルアップトーン&ボリューム
DGB DR01
DGBさんのDR01で使われている、トーンとボリュームの回路です。

このトーン配線へと変更すると、ポットが全開の時にコンデンサがほぼショートされて無効化されます。
そのため、全開付近で通常の配線よりもハイが出るようになります。
自分のギターの音抜けの悪さに悩んでいて、フルアップ化を検討している方は、とりあえずこれを試してみて下さい。
ほんの少しの変更ですが、これだけでも結構変わります。お勧めです。

反面ボリューム回路の方は、ポットが音量調整というよりも、トーンのような効き方に変わってしまいます。
なので、基本ノブは最大から弄らないけど、音量をゼロにできないのは困る、そんな人向けの回路だと思います。

フルアップトーン&フルアップボリューム(No Load Pot)
フルアップトーンボリューム
点線の辺りの抵抗をカットすることで、全開時にグランドを完全に切り離し、トーンやボリュームが付いていないのと同等に音抜けを向上させる回路です。

フルアップトーンは、フェンダーでいうDelta Tone Systemのことです。
こっちは比較的手軽に自作が可能です。
作り方はtokiwa-kaiさんの記事が分かり易いですが、抵抗体に1箇所切込みを入れ、全開時に触れる部分と抵抗体とを分離するだけでOKです。
なので、このように全開時に触れる部分全てを削らなくても大丈夫です。
実は抵抗体自体は弄らずに、その部分にマニキュアを塗るだけでもいいとか…
いずれにせよ、加工は自己責任でお願いします。

フルアップボリュームも同様に自作が可能ですが、新たに2連の可変抵抗を入手する必要があります。
例えば250kΩ・Aカーブのフルアップボリュームを自作したい場合は、250kΩ・Aカーブの2連ポットを手に入れてく下さい。

スムーステーパー(スムーズテーパー)ボリューム
スムーステーパーボリューム
高音を残すハイパスボリュームに、更に抵抗を付けてポットのテーパーを調整した回路です。

自分もかつて試したことがあるんですが、ハイの残り具合やポットのカーブなど、追加する部品の値によっては逆に不自然になってしまうようでした。
まともに使うには定数の吟味が必要そうですね。
只今画像検索して適当に値を読み取ってみたところ、著名メーカーの製品は以下のような感じでした。
Xotic 1000p 75kΩ? (250kΩポット)
Xotic 1000p 15kΩ? (500kΩポット)
Human Gear 250p 220kΩ

ボリュームだけでなく、トーンポットにも抵抗を付けてカーブを変化させることができますが、ボリュームほど必要性を感じないのでここでは触れません。

Fender Greasebucket Tone Circuit
grease bucket tone
Fender USAのHighway One Seriesや、American Special Seriesに搭載されているトーン回路です。
Fender公式の説明によると…

通常FENDERのパッシブ・トーン回路は特に高域をカットするため、コントロールを絞るとこもり易いですが、Greasebucket回路は高域だけでなく低域までバランス良くカットするため、こもり過ぎない「はっきりした音」になります。

つまり他のトーン回路に比べて「クリアかつメロウなトーン」が得られる訳です。

普通のトーンと一長一短ではあるんですが、試してみる価値は大いにあります。

<2011/10/15 追加>
Gibson 50's Wiring
通常のエレキギターの場合、トーンコントロールはボリュームの前段に配線されていると思います。
そしてボリュームの次はジャックに繋がり、そこからシールドを通ってアンプへ…となっているはずです。
しかし、50年代のギブソンのギターは、ボリュームよりも後にトーンが接続されていたそうです。

トーンをボリュームの直後に繋げてみるとどうなるか…何も変わらないように思えますが実は微妙に違うんです。
まず、ボリュームを絞った時のハイ落ちが低減されます。
更にトーンの効きも滑らかになります。ボリュームを絞った時でもトーンが効きやすくなります。
非常に簡単な改造なので、とりあえず試してみるといいと思います。
聴いても違いが分からない!という方もいるかも知れませんが、一応シミュレーション上で違いがあることは確認できました。

その他、Fender TBX Tone Control、Torres super midrangeなど追加予定。

普通のトーンやハイパスボリューム、ローカットなど、割と一般的な回路についてはこちらで触れます

FENDER ( フェンダー ) / 099-2052-000FENDER ( フェンダー ) / 005-7577-000SONIC ( ソニック ) / FV-11
EMG ( イーエムジー ) / PA2EMG ( イーエムジー ) / EXGEMG ( イーエムジー ) / SPC
VILLEX ( ビレックス ) / VB-1VILLEX ( ビレックス ) / Passive Rotary Tone Booster for GuitarRAIZE ( レイズ ) / ERASE BOX
  にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。